読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指定席は後方窓側。

ディープな飛行機ネタ、マニアックな旅行記ほか日常のどーでも良い事をつらつらと

2017岩国フレンドシップデーに行ってきた

GW真っ只中の2017年5月5日(金)、広島・岩国旅行を兼ねて岩国フレンドシップデー(以下FSD)に行ってきたので、軍用機には全くもって興味のない自分らしく、アクセス方法を中心に記事にしたいと思います。

 

FSDは、入場時刻が7時から14時となっており、例年周辺道路を含め大混雑するとの前情報を得ていたので、朝一で乗り込もうと決め、広島市内で前泊しました。今年はそのうえブルーインパルスの参加も予定されており、殺人的な混雑になるというのは明白でした。

旅客機にしか興味のない自分がわざわざこのFSDに行ったのは、DC-3が展示されるから。それだけでした。

今回DC-3は世界ツアーを実施しているところで、日本でも数か所の立ち寄りがありますが、出向けるところ、撮影の可能性、そういったものを考慮して、このFSDに行くことにしました。

DC-3とは…

ダグラス DC-3(ダグラス ディーシースリー、Douglas DC-3)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーであるダグラス・エアクラフト社(現ボーイング社)が開発した双発のプロペラ旅客機輸送機である。1936年運用開始。アメリカ軍用輸送機としての制式名称C-47 スカイトレイン」(C-47 Skytrain)、イギリス軍用輸送機としての名称「ダコタ」(Dakota)でも知られる。

(Wikipediaより引用)

この機会を逃すと日本でDC-3を見れる機会もないだろうなぁ…というのが最も大きな原動力でした。

 

■岩国入り

まずは岩国に近づかなくてはどうしようもありません。

理想は岩国で前泊をすることですが、1か月前に思いついた段階では、もうどこも開いていませんでした。なんなら広島市内を含め、宿泊施設は全滅の状態。広島市内の宿泊が決まったのは、何と、1週間前でした。

そんなこんな、5月5日の朝、広島の始発電車で岩国に向かいます。

Yahooの時刻表では始発が5:52発でしたが、臨時列車が増発されており、5:43に出発することができました。しかし、始発ながらも、広島駅以東から来ている(おそらく糸崎?)ようで、すでに広島駅に電車が入ってきた段階で座席はほぼ埋まっており、出発の時には通路もほぼほぼ埋まっているような状況でした。

横川、宮島口とお客さんが降りることなく増えていき、岩国駅に着くころには通路を含め満員で、通勤電車さながらでした。

当然、岩国駅の改札はホームまでずらーーーと行列です。

 

■基地までたどり着く

これが最も難関です。

そもそも、駅の跨線橋に上がった段階で、歩く人は東口、バスに乗る人は西口、と運命の分かれ道があるのですが、始発に乗ったし大丈夫でしょー、と甘く見ていた自分は西口へ。

驚きの光景は以下の通り…

 f:id:Fin635:20170510224037j:image

f:id:Fin635:20170510224056j:image

シャトルバスの待ち列(-_-;)

その長さ約500メートル。orz…

 始めはソロソロと列が進んでましたが、ヤマダ電機が見えるころには完全停止。。

 

ここで見切りをつけ、歩くことにします。

 だいたい2.5km、歩くと30分の距離です。覚悟を決めました。

しかし、岩国駅のロータリーを歩いていると、路線バスのバス停が!

f:id:Fin635:20170510224122j:image

f:id:Fin635:20170510224143j:image

よくよく見てみると、『基地前』と書かれたバス停があります。

10分程度待てば来るので、最悪近付くだけでもありがたいので乗ってみることに。

 

これが大正解でした!!

なんと、バスの車内はガラガラで、たったの160円で『基地前』のバス停までたどり着けました。(対するシャトルバスは400円、しかしながら基地の中まで入ってくれます。)

 

バス停から基地のゲートまでは400メートルほど。

 駅から歩くのに比べればどれほど楽か。言わずもがなです。

 

しかし、ゲートにたどり着いてもすぐには入場できません。

f:id:Fin635:20170510224221j:image

f:id:Fin635:20170510224242j:image

f:id:Fin635:20170510224258j:image

ID確認荷物検査と続き、ゲートにたどり着いてから入場まで、約30分でした。

 f:id:Fin635:20170510224312j:image

これでDC-3が見れるー!!

←残念ながらまだ、見れません。。。

 

飛行機展示エリアまではゲートから1キロほどさらに歩く必要があります。

※基地に入るとトイレが少ないです。仮設トイレが設置されていますが、入口に近いほど大行列です。何か所かあるので、我慢できる方は奥の方まで進みましょう。

 

それだけ苦労してやっと!!

お目当てのDC-3と対面です。

f:id:Fin635:20170511204821j:plain

f:id:Fin635:20170511204908j:plain

f:id:Fin635:20170511204955j:plain

f:id:Fin635:20170511205039j:plain

f:id:Fin635:20170511205112j:plain

1940年生まれの77歳。どこかのエアライナー塗装であってくれれば旅客機マニアとしては嬉しいのですが、ブライトリングあってこその、このワールドツアー・動態展示です。感謝しないとですね。

どの角度からも写真が撮り放題です。

軍用機がメインのため意外とDC-3を取り囲む人は多くなく、撮影がしやすかったです。

旅客機好きだと、こいつも気になりますね。

B767の亜種、KC767。

f:id:Fin635:20170511205142j:plain

f:id:Fin635:20170511205222j:plain

f:id:Fin635:20170511205303j:plain

超マニアックですが、FWDカーゴドアが大きいんですね。

DC-3の撮影を思いっきり満喫し、10時半には基地を後にしました。

帰りこそシャトルバスに乗ろうと思っていたのに、会場内のセキュリティーオフィサーの誤案内でメインゲートから出場してしまい、タクシーで戻る羽目に…

タクシー代に860円も取られました…行きの節約むなしく(-_-;)

 

おまけ:岩国まで来たので、錦帯橋を見て帰りました。

f:id:Fin635:20170511205523j:image

逃げ恥で有名になった山口名物『瓦そば』も。

f:id:Fin635:20170511205541j:image